皆さま 2018年明けましておめでとうございます。ダカール・ラリーのスタートとなるペルーLimaの市街は日本より14時間遅れて新年を迎えました。
いよいよ6日のスタートまであと僅か、刻々と迫る開戦を前に高鳴る鼓動を抑え切れない気分です。
今日は2日の朝、ライダー風間晋之介は朝早くからランニングに出かけ、最後の調整に余念がありません。明日からはいよいよマシンの受け取り、スタートまでの様々なオフィシャルチェックが開始されます。
これより、随時レポートをして参りますので、乞うご期待です。

画像1: 明けましておめでとうございます。

今年の参加選手もまた60ヶ国を超え、さながらダカール・ラリーはオフロードの全世界のオリンピックの様です。

画像2: 明けましておめでとうございます。

日本から持参した荷物も2週間を走るダカールでは膨大な量。ヘルメットは暑い時に被るものと、比較的寒い時に被るものと2種類を用意しました。(アライヘルメット)

画像: 日本からはもう1人、東京から門馬孝之(45才・ダカールには4輪メカとして3回参加)さんが初参戦です。

日本からはもう1人、東京から門馬孝之(45才・ダカールには4輪メカとして3回参加)さんが初参戦です。

画像3: 明けましておめでとうございます。
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.