ヤマハは、2018年1月6日から1月20日の日程で開催されるダカールラリー2018に、Yamalube Yamaha Official Rally Team(ヤマルーブ ヤマハ オフィシャル ラリー チーム)としてファクトリーマシンWR450F Rallyを4人のライダーに託し優勝を目指します。

画像: 2018 Dakar Rally Preview youtu.be

2018 Dakar Rally Preview

youtu.be

Yamalube Yamaha Official Rally Team

チーム監督
アレクサンドル・コワルスキー(Alexandre Kowalski)
チームマネージャー
ホセ・リロワール(Jose Leloir)
ライダー
ザビエル・デ・ソルトレート(Xavier de Soultrait)
アドリアン・バン・ベヴェレン(Adrien Van Beveren)
フランコ・カイミ(Franco Caimi)
ロドニー・ファゲッター(Rodney Faggotter)

画像: 2017 Yamalube Yamaha Official Rally Team WR450F Rally Breaks Cover youtu.be

2017 Yamalube Yamaha Official Rally Team WR450F Rally Breaks Cover

youtu.be

2018 Yamaha WR450F Rally

ダカールラリー2018に出場するヤマハのWR450Fラリーは、エンデューロレース用の市販マシンWR450Fをベースに性能アップと長距離の信頼性を高めることに重点をおいて開発されました。
エンジンはEFI燃料マップとアクラポビッチのチタンマフラーでチューンナップされ、スイングアームは2cm延長。燃料タンクは33Lのものに換装されています。

画像: 2018 Yamaha WR450F Rally

エンジン
エンジン型式:水冷単気筒 4ストローク DOHC 4バルブ
排気量:449 cc
ボア×ストローク:97.0 mm x 60.8 mm
圧縮比:12,5 : 1
潤滑:ウェットサンプ
燃料システム:フューエルインジェクション+GETシステム
クラッチ形式:湿式多板
始動システム:キック+エレクトリック
ギアシステム:常時噛合 5速
車体
フレーム:セミダブルクレードル
フロントサスペンション:ホワイトパワー テレスコピックフォーク
フロントトラベル:300mm
キャスターアングル:26°20
トレール:114mm
リヤサスペンション:KYBファクトリーリヤショック
リヤトラベル:318mm
フロントブレーキ:ブレンボ油圧シングルディスク300mm
リヤブレーキ:油圧シングルディスク245mm
フロントタイや:90/90-21 Metzeler Karoo Extreme
リヤタイヤ:140/98-18 Metzeler Karoo Extreme
全長:2,185 mm
全幅:845 mm
全高:1,290 mm
シート高:975 mm
ホイールベース:1,485 mm
最低地上高:325 mm
装備重量(燃料・オイル込み):162 kg
燃料タンク容量:33L
オイルタンク容量:1.2L

1月6日にペルーをスタートしボリビア、アルゼンチンの3国を舞台に開催されるダカールラリー2018。約4500kmのスペシャルステージと4500kmのリエゾンを通るルートは、これまでの大会でも最大の過酷さとも言われています。
メルズーガラリーに出場しダカールラリーに向けての準備も進めてきたYamalube Yamaha Official Rally Team。メルズーガラリーでは、ザビエル・デ・ソルトレートが優勝しフランコ・カイミが3位の成績を残し、他のライダーも高いパフォーマンスを発揮しました。
16連覇中のKTMの牙城を崩し、なんとしても一矢を報いたいヤマハのダカールラリーでの活躍に注目です

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.