ヤマハは2月15日(木)に、タイ・ブリラムのチャーン・インターナショナル・サーキットで、2018年国内外レース活動主要チーム体制を発表しました。

画像: Yamaha Motorsports Media Conference 2018 youtu.be

Yamaha Motorsports Media Conference 2018

youtu.be

全日本モトクロス選手権は、昨年までのヤマハファクトリーチームの参戦は無く、IA1クラスは「フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA」から岡野聖選手が「YZ450F」で参戦します。岡野聖選手はIA2クラスで昨年は1勝を上げランキング4位。一昨年は5勝を上げランキング2位を獲得しています。長年IA2クラスでトップ争いを演じていましたが、満を持してIA1クラスに参戦となります。
IA2クラスは若手育成を担うユースチーム「YAMALUBE RACING TEAM」が活動を再開。ライダーは、昨年IA2で実力をつけた鳥谷部晃太選手と大倉由揮選手、マシンは「YZ250F」です。
昨年IA2クラスのチャンピオンを獲得した渡辺祐介選手は、AMAモトクロスの250MXに参戦します。
渡辺祐介選手は一昨年まで「YAMALUBE RACING TEAM」から全日本モトクロスのIA2クラスに出場しランキング3位を獲得。2017年はヤマハファクトリーチームからIA2クラスに出場し、見事にチャンピオンを獲得しました。
日本から世界へ舞台を移した渡辺祐介選手の今後の活躍と成長も楽しみですね。
全日本トライアル選手権は、黒山健一選手がワークスマシン「TY250Fi」で継続参戦します。
昨年は新たに導入された4ストローク・フューエルインジェクション搭載の「TY250Fi」とのマッチングも良く、開幕から2連勝を飾るなど調子は良かったものの、チャンピオンにはあと一歩及ばずランキング2位となっています。今シーズンの巻き返しが期待されています。

全日本モトクロス選手権 IA1

■フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA
・岡野 聖

全日本モトクロス選手権 IA2

■YAMALUBE RACING TEAM
・鳥谷部 晃太
・大倉 由揮
■フライングドルフィン サイセイ
・浅井 亮太
■レーシングチーム鷹
・西垣 魁星
・町田 旺郷
・瓜生 大喜
■Y’s RACING
・佐々木 麗
■チームピットイン
・渡辺 陵

全日本モトクロス選手権 レディース

■名阪レーシング
・安原 さや
■TEAM KOH-Z
・本田 七海

全日本トライアル選手権 IAスーパー

■YAMAHA FACTORY RACING TEAM
・黒山健一

モトクロス世界選手権 MXGP

■Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team
・ロマン・フェーブル
・ジェレミー・ファン・フォルベーク
■Wilvo Yamaha Official MXGP Team
・ショーン・シンプソン
・ジェレミー・シーワー
・アーヌー・トヌス

モトクロス世界選手権 MX2

■Kemea Yamaha Official MX2 Team
・ビセボロッド・ブリリヤコブ
・ベン・ワトソン
・ヤゴ・グリーツ

AMAスーパークロス 450SX

■Monster Energy/Knich/Yamaha Factory Racing Team
・クーパー・ウェブ
・ジャスティン・バーシア

AMAスーパークロス 250SX

■Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing
・アーロン・プレシンジャー
・ディラン・フェランディス
・コルト・ニコルズ
・ミッチェル・オルデンバーグ
・ジャスティン・クーパー

AMAモトクロス 450MX

■Monster Energy/Knich/Yamaha Factory Racing Team
・クーパー・ウェブ
・ジャスティン・バーシア

AMAモトクロス 250MX

■Monster Energy/Yamalube/Star/Yamaha Racing
・アーロン・プレシンジャー
・ディラン・フェランディス
・コルト・ニコルズ
・ミッチェル・オルデンバーグ
・ジャスティン・クーパー
■チーム未定
・渡辺 祐介

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.