オフロードバイクは、どの分野であっても4スト125ccクラスが扱いやすくて入門に最適。というわけで、シェルコからTY125が発売。

画像: 4スト125、理想的なトライアル入門マシンがリリース

SHERCO
TY125

597,240円(税込)

2002年、イーハートーブで開発車両が参戦。2003年のSSDTでスコルパからプロトタイプがデビュー。スコルパの倒産によって一時生産がとまったものの、シェルコがスコルパを買い取り、2017年まで継続してきた名車。

今回、2018年モデルでフルモデルチェンジ。フレーム、足回りはシェルコのトライアルマシンをベースにしていて、このモデルからスイングアームはリンク式に変更されている。

エンジンは中国製だが、ヤマハの125ユニットを由来に持つもの。

画像: SHERCO TY125

このモデルからミクニの負圧式キャブレターに。扱いやすく、安定しているとのこと。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.