日本のエンデューロライダーなら誰しも一度は出たいと憧れる全日本エンデューロ選手権、日高ツーデイズエンデューロ。今年は9月15〜16日に北海道日高町で開催される。そのレース期間中に、近隣の宿泊施設に泊まれる権利は、早期エントリーしないと得ることはできません。
画像: HTDE人気の宿泊プラン、早期エントリーを忘れるなかれ

宿泊込みの早期エントリーは5月10日20:00〜

パドックの目の前には「ひだか高原荘」があり宿泊することが可能なのですが、現在は2016年に発生した台風被害の復旧作業のため宿泊枠が非常に少なくなっています。そこで昨年からJECプロモーションが宿泊予約を取りまとめる形を取っています。さらに今年は「ホテル日勝」も加わり、より多くのライダーが宿泊できるようになりました。

昨年同様、宿泊込みの早期エントリープランを設定。この早期エントリー期間にエントリーした人の中から抽選で当選者が決まります。過酷な日高ツーデイズを2日間戦い抜くためにもしっかりとした旅館で眠れることは大きなアドバンテージになりますね。

画像: 宿泊込みの早期エントリーは5月10日20:00〜

日高ツーデイズエンデューロ
日程:2018年9月15〜16日
会場:北海道日高町
主催:MFJ北海道エンデューロ部会
宿泊込み早期エントリー期間:2018年5月10日20:00〜5月21日(全クラス対象)
通常エントリー期間:2018年7月24日〜8月2日(全日本クラス)
          2018年8月4日〜8月9日(NBクラス)
          2018年8月10日〜8月18日(承認クラス)

※予約可能な宿泊施設は「ひだか高原荘」「ホテル日勝」の2施設。予約可能な期間は9月14日〜15日の2泊3日、朝夕食付きのみです。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.