今年に入って、セロー250を買った。知ってたけど、ものすごく良いバイクで、売れる理由もよくわかる。そんな僕がいつものようにフェイスブックを回遊していたら、物欲がふつふつ沸きまくった。こいつは、きっとセロー史上でも、相当な銘パーツになる予感がする。

画像: セローユーザーの僕が心から欲しくなったリテーナー

そう、クラッチのスプリングリテーナーなのだ。

クラッチは、調整するものだ。知ってた?

画像: YAMAHA SEROW250 WR250R(X.F) YZ250F(FX) YZ125 SY250F 用クラッチリテーナー 工房きたむら youtu.be

YAMAHA SEROW250 WR250R(X.F) YZ250F(FX) YZ125 SY250F 用クラッチリテーナー 工房きたむら

youtu.be

こちらのパーツを開発、販売している北村さんは、いつか取材したいと思っている「クラッチのスペシャリティ」だ。トライアルライダーが、こぞって北村さんのところにクラッチの調整に訪れるという。セローの場合、クラッチのリテーナーにこんなにクリアランスがあるんだけど、見ての通り、高精度のリテーナーが正確なクラッチのストロークを実現する。

トレールだから、このくらいのものでも十分な効果があるそうだ。精度をあげると、クラッチに曖昧なところがなくなることで、よりシャープにつなげることができるようになる。ウーポンもうまくいくってスンポーだ。

原理的には、クラッチの振動(ジャダー)を消してやることで、つながるまでの時間を短縮することができ、熱も持ちづらくなるとのこと。耐久性も上がるそうだ。

画像: 2013 GASGAS PRO 仕上がった2つと 2015 PRO 加工前です。 youtu.be

2013 GASGAS PRO 仕上がった2つと 2015 PRO 加工前です。

youtu.be

本業(?)のクラッチ調整の具合はこんなかんじ。

普段KTMのレーサーにのっていると、クラッチの曖昧さという意味はよくわかる。つながる部分にダンパーがあるような感じがして、タイミングをこっちでずらしてあげないと、思ったつながり方をしない。僕はステアを超えるような遊びはしないけど、クラッチがレーサーっぽくなったらどんなに走りやすいかは、想像に難くない。

こうぼうきたむら
YAMAHA SEROW250 WR250R(X.F) YZ250F(FX) YZ125 SY250F等用 クラッチリテーナー
6000円

早速、ぽちっと1セット購入させていただいた。届いたら、早速みなさんにインプレをお届けしたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.