バイク乗りにとって、自由にバイクをいじれる屋根付きガレージを所有することは一つの夢と言ってもいい。そんな夢を若くして叶える方法の一つとして、数人でシェアするという手がある。今回はキャンオフを通じてかけがえのない仲間と、バイクをいじる技術、業界への就職という夢を手にした若きライダーたちを紹介したい。

青春をともに過ごしたかけがえのない仲間たち

僕が2年ほど前から取材させてもらっているキャンオフ(キャンパスオフロードミーティング)東日本。そこで知り合った学生たちが卒業した後に仲間内でガレージをシェアしていると聞いて、遊びに取材に行ってきた。

画像: 家賃5万円の古民家を3人で借りて中を改造し、ガレージとしてシェアしている。

家賃5万円の古民家を3人で借りて中を改造し、ガレージとしてシェアしている。

実は2016年、キャンオフ東日本はこれまでレースを運営してきた団体が解散してしまったことで存続の危機を迎えていた。しかし、当時4年生だった数人の学生が中心となり、自分たちでレース運営を行うことでキャンオフを存続させた。その時に副実行委員長として動いていたのが今回のガレージをシェアする一人、木島直人くんだ。

画像: 青春をともに過ごしたかけがえのない仲間たち

ガレージをシェアするのは東京都市大学OBの永井隼斗くん、同じく木島直人くん、芝浦工業大学OBの大山稜生くんの3人。

スカラファージオって?

見ての通り、お世辞にも綺麗とは言えない昭和感ただようガレージ内部。

画像: 台所周辺

台所周辺

画像: 仮眠室

仮眠室

画像: 風呂場

風呂場

男所帯だから仕方ないが、これでも借りた当初よりは格段に衛生的になったと言う。彼らのチーム名にも使われている「スカラファージオ」はイタリア語で「G」のこと。当初、この賃貸を借りた時は足の踏み場もないほど「G」で溢れていた。しかし、2万円もの対策グッズを投入し、見事撃退。実際、夏だと言うのに蚊もほとんどいなかった。

作業台や設備も充実

画像1: 作業台や設備も充実

押入れを改造した作業スペース。工具やエアコン、ケミカル類、コンプレッサーも完備され、バイクパーツの加工まで行うことができる。

画像2: 作業台や設備も充実

僕が伺った時はちょうど木島くんがモンキーのフロントフォークの再塗装をしていた。

画像3: 作業台や設備も充実

永井くんはWR450Fの整備中。キャンオフで4年間みっちり鍛えられ、整備やカスタムはお手の物。

大好きなバイクを仕事に…

キャンオフで意気投合した仲間だが、現在は3人とも二輪業界に就職し、製品の開発やテストに携わっている。

実はキャンオフ出身者にはバイク業界への就職が多い。先日の芝浦工業大学のレースに参加したOBの中だけでもHonda、BOSCH、Technixに勤める者がおり、現役生でもSUZUKIに就職が決まったという話を聞いた。

元々、大学の工学部に入学し、自動車部や二輪部に入部した彼らは車やバイクが大好きなのだが、キャンオフで先輩たちからみっちりと整備やライディングを叩き込まれ、レースなどを通して業界のことを知ることができるのだ。

お盆にはキャンオフで仲良くなった他のメンバーたちも集まり、大バーベキュー大会を開催するという。こうして学年や大学の垣根を超えて、バイクを通してずっと仲間でいることができる彼らが、とても眩しく見える。

10以上年が離れた僕などを「遊びにきてくださいよ!」と誘ってくれる彼らに感謝するとともに、こんな素晴らしい人材を業界に輩出するキャンオフをこれからも全力で追いかけて行きたい。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.