アメリカでモトクロス修行を続ける下田丈という日本人をご存知でしょうか? キッズ・ジュニアの頃に日本国内で敵がいなくなり、モトクロスの本場アメリカに移住してAMAのトッププロを目指している16歳です。

初のフルサイズクラスヒート優勝

画像1: 写真は2017年のロレッタリンで撮影

写真は2017年のロレッタリンで撮影

85ccではこのロレッタリンで何度か優勝を経験している下田。2016年には3ヒートすべてで1位を取り完全優勝も果たしています。しかし、2017年にフルサイズにステップアップしてからは上位に入るものの、優勝に届かず。

画像2: 写真は2017年のロレッタリンで撮影

写真は2017年のロレッタリンで撮影

しかし、昨日から始まっている今年のロレッタリン、下田は250Bクラスのヒート1で見事、優勝を果たしました。

スタート5〜6番手からの追い上げレース。1周目から#63 KTMのPIERCE BROWN 、#30 ハスクバーナのJALEK SWOLLが3位以下を大きく突き放しトップ争いを演じる中、集団に飲まれてしまった下田ですが、1周目終盤に3番手に浮上すると徐々に前との差を詰めていきます。3周目にPIERCE BROWNが転倒、さらに8周目にはJALEK SWOLLも転倒を喫し、下田がトップに立ちそのままチェッカー。

ちなみにこちらでDAY1のビデオが見られます。下田が出場しているレースはスクールボーイ2が1:08:00くらいから、優勝した250Bが5:08:00くらいからです。ゼッケン47番、Hondaの赤いCRF250Rが我らが下田丈です。

ロレッタリンは全クラス3ヒート制でその総合成績で優勝が決まります。下記スケジュールでレースの模様はライブ配信されますので、モトクロスファンは欠かさずチェックしましょう!(下記画像の時間は現地時間となります)

画像: 初のフルサイズクラスヒート優勝
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.