すでに速報で何度かお届けしていますが、先週はアメリカで全米最大のアマチュアモトクロスレース「ロレッタリン」が開催されていましたね。出場した2人の日本人の結果やいかに⁉︎

AMAデビューを控えた16歳、下田丈の挑戦 ロレッタリン

画像1: 写真は2017年のロレッタリンで撮影

写真は2017年のロレッタリンで撮影

250Bとスクールボーイ2(12-17)B/Cの2クラスに出場した下田。250BのMOTO1(ヒート1)で優勝したもののMOTO2では転倒を喫し18位、Moto3は9位で総合7位となりました。また、スクールボーイ2ではMOTO1、MOTO2ともに3位、MOTO3で7位となり総合4位という結果に。

画像2: 写真は2017年のロレッタリンで撮影

写真は2017年のロレッタリンで撮影

下田は17歳を迎える2019年5月にAMAデビューを目指しています。現在所属するチーム「AMSOIL HONDA」はAMAの名門チーム「GEICO HONDA」と同じファクトリーコネクションが運営するチーム。つまり、下田はこのまま順調に行けば来年の5月にはGEICO HONDAからAMAデビューを果たします。

もう一人ロレッタリンに出場した生嶋竜樹は65ccの2クラスに出場して総合31位と28位。しかし、MOTO3でベストリザルトを更新するなど、確実に成長に繋げたレースでした。

またもやハーリングスが完全優勝、MXGP 第15戦ベルギー

画像: Photo by Ray Archer

Photo by Ray Archer

完全にJ・ハーリングス無双と化している今年のMXGP。特にこの第15戦ベルギーはハーリングスの得意とするサンドコースです。またもや1-1で両ヒートを制して総合優勝。そしてカイローリ2-2もいつも通り。ヨーロッパのモトクロスはKTMの独壇場となっています。怪我で1戦まるまる落としているハーリングスですが、残すところあと6戦、最終戦を前にチャンピオン決定もありそうですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.