NPO法人地球元気村が誕生して今年で30年です。
この間、社会は大きく変わりましたが素晴らしい自然の美しさには変わりはありません。
地球元気村は、これからも“自然との繋がり”を軸にした「元気な人と元気な地域づくり」を力強く推進し、自然と文化を大切にする持続可能な社会づくりに貢献して参ります。
大切な未来に向けて、そのことを皆で確認するために、村民や企業村民はもちろん、前の村民や昔ながらの関係者もここに集まって、地球元気村30周年記念イベントを開催します。

地球元気村30周年イベントCamp&Music フェス!
                   + 森と水を育む尾白の森シンポジウム

画像: 地球元気村30周年イベントCamp&Music フェス! + 森と水を育む尾白の森シンポジウム

イベント概要

イベント名:地球元気村30周年イベントCamp&Music フェス! + 森と水を育む尾白の森シンポジウム
開催日時: 2018年10月6日(土)~7日(日)
開催場所: 山梨県北杜市
白州・尾白の森名水公園「べるが」(キャンプサイト/ロッジ貸切予定)
参加想定人数:2,000人、キャンプ・ロッジ泊:300人
・イベント参加費:無料
・キャンプサイト/バンガロー使用料:有料 ※料金は調整中

画像1: イベント概要
画像2: イベント概要


イベントスケジュール

10月6日(土)昼ごろ~
お昼頃に現地集合して、「開村式」
森のメインステージでは、10組を超えるアーティストが<自然と癒し>をテーマに歌い奏で、常に穏やかな音楽が流れ続けます。
YA ・KU ・MO
世古兼之郎
長岡竜介
神代充史
田中渉(アフメロックス)
風間深志&小西バンド
伸太郎
ナマリ etc.etc.etc.etc.(出演予定を含む)

音楽を挟んで、村長 風間深志さんと地球元気村を支えてきた仲間たちとのトークショー。
テーマは<地球元気村30年、これまでとこれから/旅立った仲間たちを偲ぶ>
動画メッセージやスライドショーを交えた楽しく可笑しく懐かしい時間です。

さらに、園内の至る所に出展した体験ブースでは、その道のプロが指導するフィールド体験やお料理体験、モノ作り体験ができ、さらに、物販ブースでは、地元の採れたて野菜や米、ビール、他の食材、村民が持ち寄った各地の逸品の販売などを行います。
フェスへの参加者はもちろん、連休を利用して“べるが”に訪れる一般客も、地元の方々も、自由にこれらの音楽やアクティビテイを楽しめる1日となります。

10月6日(土)~夜
陽が落ちたあとは、キャンピングゾーンにて本格的なキャンプファイヤー。
火を囲んで歌ったり踊ったり、物販ブースで調達した食材で作った料理を持ち寄り、食べて飲
んで、語らったり、秋の夜長を思い思いに過ごします。
子供たちは花火で遊んだり、インストラクターとともに、夜空の星の観察をしたり、夜の森を歩
いたり、日常では出来ない自然の中ならではの体験も楽しめます。

10月7日(日)朝
「地球元気村村民大会」を開催し、これからの地球元気村の方向性を確認します。
森林インストラクターとともに森と小川を歩いて心身ともにリフレッシュ。
「森と水を育む尾白の森シンポジウム」を行います。
<テーマ> 森と水と人の未来最後に協賛品のじゃんけん大会、「閉村式」、集合写真を撮って終了です。

出演者
総合司会/五味愛子(予定)
基調講話/CWニコル黒姫一般財団法人 C.W.二コル・アファンの森財団
「森と水と人」談義/岩田智也甲府市山梨大学生命環境学部 准教授 
中島久美子北杜市森のようちえんピッコロ 代表
小野なぎさ東京都森と未来 代表理事
高草木里香北杜市白州水と森の里センター 代表 (依頼予定)
風間深志NPO法人地球元気村 村長

画像: イベントスケジュール
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.