2019モデルとして、おおいに注目したいのがこちら。ビギナーに向けたエンデュランサーのECレンジャー。過去にも、GASGASはパンペーラやハレー、ランドネなど敷居の低いレースモデルをリリースしてきた経緯があります。また、このクラスはたとえばBetaのクロストレイナーのように、ビギナー向けというポジションを超えて「アタック専用」などの新たなポテンシャルを発揮するモデルも存在しますよね。レンジャー、気になるー!

画像: GASGASの隠し球「EC Ranger」は、ビギナーの救世主になるか

GASGAS
EC Ranger 200

¥860,000(税抜)

EC Ranger 200
全長×全幅×全高2,145×810×1,205mm
軸間距離1,480mm
シート高940mm
エンジン2ストローク単気筒、水冷
排気量199.4cc
ボア×ストローク62.5×65mm
始動方式セルフスターター
点火方式電子式 Euro4
変速装置6速
燃料タンク容量9.8L
乾燥重量108kg

シリンダーとヘッドを新設計したことで、エンジン出力を低速に振り、高回転域での出力は抑えられています。また、シート高がECと比べて40mm低くなっており、足つき性が良いことが特徴。多くの日本のライダーにマッチすると思われるこの設定、もしかすると今年のヒット作になる可能性も秘めていますね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.