今年は11月12〜17日にチリで開催されるISDE(インターナショナル・シックスデイズ・エンデューロ)に参戦する日本代表チームがクラウドファンディングを開始。長らくワールドトロフィーへの参加が途切れていた日本も昨年ついに派遣を再開。「後世にバトンをつなげたい」と参戦を決意した4人を応援しましょう!

「日本チームの名前をリザルトに残したい」

画像: 「日本チームの名前をリザルトに残したい」

今年のメンバーは写真の左から後藤敏文(E3クラス/HONDA CRF250R ENDURO)、荒川一佳(E2クラス/BETA RR2T250)、友山雅人(E1クラス/KTM 250EXC-F)、太田幸仁(E3クラス/KTM 300EXC)の4人。昨年のトロフィーチーム参戦で、世界とのレベルの差を痛感した日本。今年の目標は4人全員が完走し、チームとしての成績をリザルトに残すことだといいます。

豪華なリターンも注目

画像: 豪華なリターンも注目

6日間にかけておこなわれる海外レースには、大金がかかります。交通費、滞在費はもちろんのこと、マシンのレンタル代や予備パーツなども必要です。クラウドファンディングの目標は参戦にかかる費用の一部として使用するための400万円。リターンにはオリジナルTシャツやステッカーの他、ライダーが実際に使用したジャージなども含まれています。

ご支援は10,000円からで、受付〆切は2018年11月10日まで!
気になった方はぜひこちらのリンク先へ!!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.