以前ご紹介したバイク体験アクティビティ「FOREST RIDER」があまりに楽しそうだったので、実際に行って体験させてもらっちゃいました! バイク初心者でも想像以上に気楽にバイクに乗ることができ、そしてオフロードレース経験者の僕でもお腹いっぱい楽しむことができましたよ。

安全な電動トライアルバイク、操作はスクーターと同じ!

画像1: 安全な電動トライアルバイク、操作はスクーターと同じ!

FOREST RIDERで乗ることができるバイクは、OSETというメーカーの電動トライアルバイク。トライアルバイクはシートがないため、足つきの心配はないし、重量49.1kgと軽量なため、取り回しも楽々なんです。

画像2: 安全な電動トライアルバイク、操作はスクーターと同じ!

このツマミでマシンのスピード、パワー、レスポンスをスキルに合わせて変更することができるようになっています。最初はスタッフさんが初心者向けのセットアップにしてくれていますが、今回は経験者ということで特別に2周目からフルパワーを体験させていただきました。それでも危険なほどのスピードは出ず、あくまでファンライド感覚で楽しむことができました。

画像3: 安全な電動トライアルバイク、操作はスクーターと同じ!

トライアルバイクに乗ったことがある人はご存知かと思いますが、ハンドルにはマグネット式のキルスイッチがついていて、このようにヒモを使って左手首に巻きつけておきます。すると、万が一転倒してしまってもマシンの動力が自動でオフになり、コントロール不能のバイクが暴れて怪我をする、なんてこともありません。

クラッチやギアチェンジもなく、まるでスクーターのように動かすことができるので、バイクに乗ったことのない人でも10分ほど練習すれば楽しく走れます。

ウエアもマシンもフルレンタルなので手ぶらで楽しめる

画像1: ウエアもマシンもフルレンタルなので手ぶらで楽しめる

オフロードバイクに乗る時の装備を全部揃えるとかなりお金がかかります。でもFOREST RIDERではヘルメット、ウエア、グローブ、プロテクターなどをすべてレンタルすることが可能です。しかも清潔でデザインも可愛く、価格はマシンと走行料も込みで¥3,000(キャンペーン期間終了後は¥4,000)という良心価格設定なんです。

画像2: ウエアもマシンもフルレンタルなので手ぶらで楽しめる
画像3: ウエアもマシンもフルレンタルなので手ぶらで楽しめる

コースの走りごたえもあり、経験者でも楽しめる

画像1: コースの走りごたえもあり、経験者でも楽しめる

駐車場から会場まで少し歩くので、ちょっと恥ずかしいですが(笑)、ウエアを持っている人は自分の装備を持ち込んで使うこともできます。

ちなみに秩父のコースは、オフロードレースなども少し経験しているレベルの僕がゆっくり走って1周5分くらいかかる、かなり本格的なもの。もちろん一方通行で逆走は禁止。他のアクティビティの敷地に入ってしまわないように、曲がり角には看板が設置してあり、一人でも迷わずに走ることができました。

難易度は決して高くありませんが、途中に一本橋や丸太、ちょっとした丘など、チャレンジすることができるようになっていて、自分のレベルに合わせて楽しむことができます。もちろんエスケープも可。

画像2: コースの走りごたえもあり、経験者でも楽しめる

コースの途中にはこんな綺麗なお花畑もあってインスタ映えも狙えます。

画像3: コースの走りごたえもあり、経験者でも楽しめる

と思ったら、親切にこんな看板が数カ所に設置してありました(笑)。

初心者にも「ちょうどいい」レベルのマシンとコース

画像: 初心者にも「ちょうどいい」レベルのマシンとコース

たまたま遊びにきていた「トモさん」ご一行にFOREST RIDER体験の感想を聞くことができました。ちなみにこの中で普段からバイクに乗っているのは1名のみ、それも通勤で使う程度だとのこと。

「普段は一緒にスノーボードを楽しんでいる仲間なんですが、FacebookでこのFOREST RIDERを知り、みんなで秩父へ遊びにきました。最初にスタッフの方が丁寧に乗り方を教えてくれて、バイクにまったく乗ったことがなかった女性でも、すぐに乗れるようになり、楽しむことができました。

10分くらい広場で練習した後は自由にコースを走ることができ、仲間同士で一本橋の練習をしたり、広場で丘を登ったりして遊んでいたら、あっという間に時間がきてしまいました。可愛くて清潔なウエアとかが全部借りられて、手ぶらで楽しめるのもポイント高いですね。

坂で登りきれなくて止まっちゃうかもって思う時もあったのですが、マシンが軽くてパワーもあるのでトコトコ登ってくれて、難しいようなことはなかったです。スノーボードをやってるので足は大丈夫でしたが、腕に力が入っちゃって、明日は筋肉痛かもしれません(笑)」

1回の体験時間は約1時間30分。普通のバイクだと初心者は楽しさがわかる前に終わってしまうくらいの時間ですが、FOREST RIDERならそんなことはありません。もちろん、経験者の僕らもお腹いっぱい楽しめました。

「ライダー仲間を増やしてバイク業界を盛り上げるお手伝いがしたい」

 

画像: 「ライダー仲間を増やしてバイク業界を盛り上げるお手伝いがしたい」

FOREST RIDERを運営するスタッフさんたちもみなさん親切で、笑顔が素敵な方ばかり。

運営するスタートライン株式会社代表 伴さん

「僕がこのアクティビティを始めたのは、バイクに乗っている人が、乗っていない友人を気軽に誘って、一緒に楽しむことができる場所を作りたかったからなんです。

いまのバイク業界は、バイク乗りだけが閉ざされた世界の中で楽しんでいて、エントリーユーザーがとても入りづらい環境にあると思っていました。そこでアウトドアブームに乗っかって、自然の中で楽しめるようにして、テントやマシン、ウエアなんかもオシャレにすることで、バイクに乗っていない人にも興味を持ってもらえるように気を遣っています。

実際、お客さんの男女比は5:5くらいなんです。バイク乗りの男性が、バイクに乗らない彼女さんを連れてきてくれたり、小さなお子様を連れたご家族だったり。免許がなくても乗れる、という特性が大きいですよね。

"バイクに乗ろう"じゃなくて"遊びにいこう"という感覚で、気軽に体験しにきてもらえたらと思っています。その結果として、少しでもライダー仲間を増やすことができ、バイク業界全体が盛り上がっていくお手伝いができたら嬉しいです」

バイクに興味はあるけど、免許、車両、装備、危険、など様々な理由で諦めてしまっている人が数多くいると思います。もし身近にそんな人がいたら、ぜひ一緒にFOREST RIDERを体験しに行ってみてください!

FOREST RIDER
オープン記念特別価格:¥3,000(2018年11月までを予定)
通常価格:¥4,000
体験時間:1時間35分程度
参加人数制限:最大8名
開催日:土日祝
会場:秩父ミューズパーク(埼玉県秩父市)/モリパークアウトドアヴィレッジ(東京都昭島市)

曜日によって秩父と昭島が入れ替わるので、詳しくはホームページ内の予約ページからカレンダーを参照してみてください。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.