千葉県成田市にある成田MXパークはその名の通りモトクロスコースを主体とするオフロードコースです。モトクロスの本コースは斜度の急な登りやブラインドジャンプが多く、初心者ではまともに走ることも困難なレベル。エンデューロコースにも高低差があり、難易度の高いヒルクライムやウッズなどがどんどん開拓されています。
もちろん、フラットなオーバルや初級コースもありますので、幅広いレベルのライダーが楽しむ練習することができます。

関東随一の難易度! 高低差のあるダイナミックなモトクロスコース

画像1: 関東随一の難易度! 高低差のあるダイナミックなモトクロスコース

河川敷や平地に作られるモトクロスコースが多い関東ですが、成田MXパークは高低差がしっかりあり、ジャンプや下りなど走りごたえのあるレイアウトが魅力の一つ。パドックからコース全体を見下ろすことができるのも安心ですね。

画像2: 関東随一の難易度! 高低差のあるダイナミックなモトクロスコース

パドックの目の前を大ジャンプで通過するのは見ていても楽しめますし、上手なライダーの走りを見て参考にすることもできます。始めたばかりの初心者やキッズライダーではまともに走ることも困難な本コースですが、ここで練習すればSUGOや弘楽園など、地方の大きいコースに行っても通用するはず。

豊富な人工セクションでテクニカルな本格的なエンデューロコース

画像1: 豊富な人工セクションでテクニカルな本格的なエンデューロコース

JECライツや恒例の夏祭りなど頻繁にレースやイベントが開催される成田MXパーク。エンデューロコースには丸太やタイヤなど、人工的に作られた難所が散りばめられていますが、エスケープも可能なレイアウトになっており、自分のレベルに合わせた練習が可能です。

雨が降るとツルツルになる土質で難易度が跳ね上がり、より実践的な練習になります。

画像2: 豊富な人工セクションでテクニカルな本格的なエンデューロコース

巨大タイヤやステア、ガレ場なども設置されており、ハード系の練習にもなります。成田のエンデューロコースをフル難易度設定でスムーズに走ることができれば、全日本エンデューロ選手権やJNCCのCOMPクラスでも難しくは感じないでしょう。

画像3: 豊富な人工セクションでテクニカルな本格的なエンデューロコース

ミニコース前のエクストリーム広場は頻繁にレイアウトを変えるため、飽きずに様々な練習をすることができるんです。

IAワタライによるスクールが頻繁に開催!

画像: IAワタライによるスクールが頻繁に開催!

成田MXパークをホームコースにしているIAワタライこと渡會修也選手はモトクロス、エンデューロのIAライダーで、ハードエンデューロにも出場経験あり。多彩なライディングテクニックを持ち、メカニックでもあるためマシンのアドバイスもしてもらうことができます。

スクールのスケジュールは以下のサイトで発表されています。「ビギナー編」「初級・中級モトクロス編」「飛べない人のジャンプ編」など回ごとにテーマが設定されていますので、自分の課題にあった時に参加してみてください!

成田MXパークの頼もしい仲間たち、デコボコフレンズ

画像1: 成田MXパークの頼もしい仲間たち、デコボコフレンズ

「デコボコフレンズ」は、2015年に惜しまれつつも閉鎖したデコボコランドに集った仲間たちで結成されたチーム。現在は成田MXパークと協力してエンデューロコースの開拓にも着手しており、週末に成田に行けば誰かしら走っているはず。イベントやレースの際にはスタッフやマーシャルとして支えてくれる、成田MXパークには欠かすことができない存在です。

画像2: 成田MXパークの頼もしい仲間たち、デコボコフレンズ

そして成田といえば忘れてはいけないのがこちらのニャンちゃん「カネコ」。成田MXパークのマスコット的存在でみんなの癒し。もしも見かけたら携帯で写真を撮って「今日のカネコ」と書いてSNSに投稿してみてください。

成田モトクロスパーク
所在地:千葉県成田市津富浦119-1
営業時間:9:00〜16:00
走行料金:¥3,000(一般)/1日
     ¥2,000(女性・小学生以下)/1日
     ¥1,000(50ccキッズ)/1日
洗車:¥500/バイク1台
レンタルバイク(走行料込み):¥10,000(CR85R2、CRF150F、CRF100F)/1日
               ¥4,000(PW50、CRF50F)/1日
レンタルウエア:¥1,000/1日

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.