G-NET全日本ハードエンデューロ選手権の最終戦でもある日野ハードエンデューロが11月17-18日に開催。今回はミディアムクラス、ハードクラス、G-NETクラスの3クラスがあり、G-NETクラスには多彩なゲストが参戦します!

台湾、中国から3名のハードエンデューロライダー

画像1: 台湾、中国から3名のハードエンデューロライダー

杜中豪 (du zhong hao)/台湾
KTM 250EXC

画像2: 台湾、中国から3名のハードエンデューロライダー

林利庭(lin li ting)/台湾
BETA RR2T250

画像3: 台湾、中国から3名のハードエンデューロライダー

田红旗(tian hong qi) /中国
BETA RR2T250

3名とも日野ハードエンデューロではG-NETクラスに参戦、中国のハードエンデューロやルーマニアクスにも出場経験があり、腕に覚えのある実力者。2018年、ルーマニアクスを完走した日本人IKUMA TAKEUCHI氏がパイプ役となって今回の参戦が実現しました!

ぶっ刺し先生、藤原慎也! 「目指すは優勝のみ」

画像1: ぶっ刺し先生、藤原慎也! 「目指すは優勝のみ」

全日本トライアルIASクラスに参戦する藤原慎也がまたもやハードエンデューロに。全日本選手権シリーズも終わり、日本一ハードとウワサされるイベントにフルパワー化したKTM FREERIDE350で参戦! 「目指すは優勝しかありません」とやる気たっぷりのコメント。

画像2: ぶっ刺し先生、藤原慎也! 「目指すは優勝のみ」

会場では藤原選手をサポートする制菌防臭スプレー「KOKORO CARE」の販売もあります。これを使えば藤原選手のように爽やかイケメンライダーになれるかも⁉︎

G-NET最終戦、チャンピオン争いが熱いHINO HARD ENDURO

画像: G-NET最終戦、チャンピオン争いが熱いHINO HARD ENDURO

HINO HARD ENDURO
日程:2018年11月17日、18日
会場:群馬県日野カントリーオフロード
クラス:ミディアムクラス/11月17日
    ハードクラス・G-NETクラス/11月18日

高橋博、山本礼人らG-NETトップライダーと彼らゲストライダーが日本一ハードなエンデューロコースをどう攻略するか、見逃せません!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.