2010年代の名オフロードバイクを上げるとすれば、間違いなくCRF1000Lアフリカツインが入ってくるはずだ。最初から21-18インチの組み合わせでオフロードを走ることを意識していて、DCTやバイヤイヤなどの最先端技術を投入。ホンダオフロードの、一つの頂点に君臨する。だが、ホイールだけが悩ましい。4.00のリアのリム幅では、エンデューロタイヤなどの「本当にオフを攻めれるタイヤ」を履けないのである。しかし…

画像1: アフリカツインを呪縛から解き放ち、漢仕様にするためには…

待望のホイールセットが登場したのだ。

Z-WHEEL
AR1ホイールキット CRF1000L

ブ/リム/ニップル カラーフロント 21×1.85リヤ 18×2.50リヤ 18×3.00
レッド/ブラック/レッド品番価格 (税込み)品番価格 (税込み)品番価格 (税込み)
W21-41542¥64,692W21-51581¥95,148W21-51582¥104,868

リアは、2.5と3.0で2種類が選べる仕様。このサイズなら、140幅のエンデューロタイヤをはじめ、ダートを攻められるタイヤを履くことができる。当然、ダートにたどり着くまでのツーリング性能はスポイルしてしまうし、1000ccの大パワーを受け止められるブロックタイヤはすくなく、ライフも短い。

このホイールは、選ばれし「ビッグオフの使い手」にむけて開発されたものと解釈すべきだ。

画像1: Z-WHEEL AR1ホイールキット CRF1000L

美しさも魅力。

円筒型の高強度アルミ合金を10分の1の重量まで高精度に総削り出し加工することで、美しい外観をもつアステライトハブは、Z-WHEELならでは。美麗なアルマイト加工が所有欲を満足させてくれる。純正の鋳造品と比較して、前後セットで約500gの軽量化にもつながり、走行性能も向上。

画像2: Z-WHEEL AR1ホイールキット CRF1000L

リムには日本が誇るエキセルリムを採用。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.