画像1: MFJ AWARDにて来季の変更点が発表、モトクロスには2st125ccクラスも

例年、年末に開催されるMFJ全日本選手権の表彰式が、12月15日に東京日経ホールで開催。各選手権で優秀な成績を収めたライダーたちが表彰された。

2019年の施策

画像: 2019年の施策

冒頭では、各競技について施策の方向性などが発表された。すでにSNSで話題になっていた全日本モトクロス選手権の2st125ccクラス併催については、ここで公式に発表。

MXGPや、アメリカのアマチュア選手権では、2st125ccクラスは85ccからステップアップするクラスとして大きな意味を持っていること、そして2st125ccがベテランにとってのホービーライドとしてムーブメントが起きつつあることを鑑みた施策。

各選手権の表彰

画像1: 各選手権の表彰

今年は、自民党のモータースポーツ振興議員連盟会長杯について、150勝を達成し逆転チャンピオンを獲得した成田亮が受賞。

画像2: 各選手権の表彰

また、海外選手権ではアジアモトクロス選手権で1位・2位に輝いた田中教世・小林秀真がモトクロスから表彰されている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.