毎戦優勝者が変わって見応えたっぷりなAMAスーパークロス。ここまで450SXはJ・バーシア(YAMAHA)、B・バゲット(KTM)、C・ウェブ(KTM)ときてランキングは安定して上位に入っているK・ロクスン(HONDA)がトップという状況で迎えた第4戦オークランド!

第3戦から良い流れを維持したウェブがパーフェクトウィン 450SX

ホールショットを獲ったのは450SXにステップアップして3年目、今年からKTMに移籍し、第3戦で450SX初優勝を飾ったウェブ。つづくチームメイトのM・ムスキャン。その後ろにはJ・ボーグル。KTM勢がレースをリードした。

450SXルーキー、KAWASAKIのJ・サバッチーが5位につけており注目が集まった。さらにサバッチーはボーグルに襲い掛かり、これをパス。3位浮上。それに続くように順位を上げてきたロクスン、E・トマック。

画像: 第3戦から良い流れを維持したウェブがパーフェクトウィン 450SX

ここで2位を走っていたムスキャンがミス、サバッチーとロクスンがこれをパスし、サバッチーが2位に浮上! 予想外なルーキーの走りに会場は大興奮。ここでレースは残り10分。しかし、追い上げてきていたロクスンがサバッチーをパスした直後、サバッチーが突然のコースアウト。サバッチーはそのまま再始動できず、マシントラブルで無念のリタイヤ。しかし、今期中に表彰台に登壇する可能性を十分に示してくれた。

画像1: Photo by Simon Cudby

Photo by Simon Cudby

レースも終盤、ウェブとロクスン、第3戦のヒート1でも劇的なバトルを見せてくれた2人の差は約8秒。しかしここでムスキャンが再びペースをあげ、ロクスンをパス。さらに第2戦を制したバゲットもロクスンを抜いて3位に浮上。
ムスキャンが最終周にウェブに追いついてKTMバトルが勃発したが、ウェブがそのままトップを守って優勝。2位はムスキャン、3位にバゲット。KTMが表彰台を独占した形に。

画像2: Photo by Simon Cudby

Photo by Simon Cudby

4位トマック、5位ロクスン。第3戦のクラッシュで怪我が心配されたバーシアも7位に入った。ウェブがポイントでロクスンを抜いてランキング1位に。ウェブ、ロクスン、トマック、ムスキャンの4人が5ポイント圏内にいる大接戦となっている!

シアンサルーロが復調⁉︎ 450SXに負けず劣らず盛り上がる250SX

250SXはYAMAHAのC・ニコルス、KAWASAKIのA・シアンサルーロ、GEICO HONDAのC・マカドゥーがほぼ横1線で1コーナーを通過。ホールショットはニコルスに軍配。4番手にマケラス。すぐにシアンサルーロが抜け出してレースをリードした。

画像1: シアンサルーロが復調⁉︎ 450SXに負けず劣らず盛り上がる250SX

中盤、ニコルスがシアンサルーロに追いつき激しくプレッシャーをかけるシーンが見られる一方、マケラスが3位に浮上。第3戦のヒート2を制したD・フェランディス(YAMAHA)も追い上げてきて4位。5位以降は10秒ほど離れており、今シーズンの250SXウエストは完全にこの4台が突出している。

画像2: シアンサルーロが復調⁉︎ 450SXに負けず劣らず盛り上がる250SX

レース時間残り6分でフェランディスがマケラスをパス。さらに前を狙うフェランディスはその後、コーナーでチームメイトのニコルスと接触してパッシングするシーンも。シアンサルーロが第3戦での不安定感はなんだったのかと思う安定した走りでトップチェカー。続いてフェランディス、ニコルス、マケラスの順。ランキングはニコルスが首位をキープ。続いてシアンサルーロ、マケラス、フェランディスが6ポイント圏内にひしめきあい、450SXとともに全くチャンピオンが読めない状況。

250SXはウエストとイーストで争われ、次の第5戦が終わると前半戦が終了し、その次のウエストの開催は3月2日と1ヶ月のブレイクが入る。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.