アドベンチャーブームも一息ついて、「もう少し扱いやすいアドベンチャーバイクがほしいな」という声が聞こえてきていた昨今。BMW、トライアンフなど各メーカーが800ccクラスのミドルサイズ・アドベンチャーをリリースする中、KTMが満を持して発表してきたのが790アドベンチャーだ。しかし、特にアドバンスモデルである「R」は、もはやアドベンチャーの枠を飛び出していると言っていいエキサイティングな出来映えであった。
画像1: ベテランが持てあますほどの過激さを愉しめ、KTM790アドベンチャーR

テスター:和泉拓
Off1.jpでおなじみのマルチライダー。アロンアルファのCMでおなじみの、エクストリームライダーであり、またエンデューロ・ハードエンデューロに取り組んできた。近年、アドベンチャーバイクでのオフロードライドスキルを積極的に上げている。バイクショップオーナーという職業柄、あらゆるアドベンチャーバイクを乗り換えており、特にオフロード性能に造詣が深い。

                                      写真/森下光紹

勝てるアドベンチャーマシン

画像1: 勝てるアドベンチャーマシン

KTMのラインナップとしては、これまで690の上は1090、1290の2車種が存在し、その中間は空席となっていた。690はレーサーに近い仕様でトレール性能は決して高くなく、1290は排気量・サイズともに大きすぎてオフロードを走るには多くのライダーにとって非現実的だった。KTMの場合、オフロード性能を追求しているだけに、それをしっかり味わいたいというライダーも多かった。そこで多くのオフ好きライダーは1090をチョイスしていたわけだが、790アドベンチャーは、さらにライトな仕上がりだと思ってもらえば、そう間違いではないだろう。エンジン脇まで下に伸びるタンク、マスの集中も相まって、取り回しは800ccとは思えない軽さ。これなら、日常での使い勝手もいい。

画像2: 勝てるアドベンチャーマシン

「多くのアドベンチャーバイクがツーリングでの快適性を求めて作られているのに対し、KTMは走る喜びを追求しているマシンが多い。790アドベンチャーはオフロード性能を突き詰めて開発したとされていますが、790アドベンチャーRはさらにその点で突き抜けています。これは"勝つためのアドベンチャーマシン"ですね。世界のラリーシーンが450ccで統一されている現在、790ccで勝つも何もないのですが、もし競技があれば、勝てるマシンという意味です」と様々なアドベンチャーバイクを乗り継いでいる和泉は言う。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.