年齢層の幅広いJNCCで、中堅ライダーとして活躍する佐野さんは若い頃に天竜川などでレースに出ていたリターンライダー。
画像: 「ニューマシンでデビューウィンを飾ったリターンライダー ー佐野慶太ー」ダートバイク・プロフィール presented by OGUshow

「JNCCは、エントラントがみんなレースに対する取り組み方が熱いですよね。僕は今44歳なのですが参加者の年齢層が広いことにも、とても良い刺激を受けています。また、バトルが好きなので速い人と同じ土俵で一緒に走れるのはとても勉強になります」

40歳を超えると、現状を維持するのも難しくなってきますが、佐野さんは今でも少しずつ成長できていると言います。今年からはマシンもシェルコにチェンジしてさらなる高みを目指します。

壊れるまで乗りつぶしたいレベルの快適トランポ

画像1: 壊れるまで乗りつぶしたいレベルの快適トランポ

全面フラットで、寝心地の良さそうなベッドキット。こちらのハイエースはバイク以外にも、お子様が所属するサッカークラブの送迎にも使用しているとのことで、10人までいっぺんに載せることができるそう。

画像2: 壊れるまで乗りつぶしたいレベルの快適トランポ

このベッドキットの優れた点は、下に足がないところ。そのためスペースが有効に活用でき、幅の大きいものも収納できます。

画像3: 壊れるまで乗りつぶしたいレベルの快適トランポ

ベッドキットを跳ねあげれば2台積みも可能。

画像4: 壊れるまで乗りつぶしたいレベルの快適トランポ

天井に設置されたスポットライトは車中泊で便利。

画像5: 壊れるまで乗りつぶしたいレベルの快適トランポ

床張りももちろんオグショー製品。汚さないように上にシートを被せて使っています。

画像6: 壊れるまで乗りつぶしたいレベルの快適トランポ

運転席と助手席のシートもオグショー特製。長時間の運転でも腰が痛くなりません。

画像7: 壊れるまで乗りつぶしたいレベルの快適トランポ

運転席の上には天窓が空いていて、運転席を倒して仮眠する時などに星を眺めることもできるロマンティック仕様。

佐野慶太さんに直撃インタビュー!

画像1: 佐野慶太さんに直撃インタビュー!

・名前:佐野慶太

・年齢:44歳

・出身:静岡県

・どんなダートバイクでの遊びをしていますか?(出場レースなど):諏訪マウンテンエンデューロ、クロスカップ、JNCC

・今までで最高の体験:子どもの誕生

・悩み:少し太り気味になってきたこと

・マイブーム:とにかく朝練

・一番苦手なこと:突然クモが出現すること

・過去最大のピンチ:バイクの練習中コースにヘビが横断していて、避けきれなかったこと

・今までの人生にタイトルをつけるとしたら?:ドン底見てるので、あとは這い上がるのみ!

・無人島に持って行くモノ:水と火を作る道具

・いまトランポに望んでいるモノ:なし

・将来乗りたい車:なし

・最初に買ったトランポ:ハイエース100系

・使っているオグショー製品:足無しベッドキット、照明、シートカバー、床貼、タイダウンフック、他

画像2: 佐野慶太さんに直撃インタビュー!

佐野さんは取材させていただいた翌日、JNCC開幕戦サザンハリケーンのCOMP-Bクラスで優勝。新しいマシンで幸先の良いスタートを切りました。

佐野さんのトランポの詳細はこちら!

佐野さんのように、「もれなく」あなたを紹介します!
下記申し込みフォームから、ご応募ください‼︎

※オグショー製(フック1個でもかまいません!)パーツ、トランポのオーナーに限ります。
※地方の方も、ご応募ください! 日本全国を取材で駆け巡る編集部が、都合つく日を見つけて取材にかけつけます!

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.