KTM、ハスクバーナに続いて、2020年モデルのモトクロッサーがホンダから発表。CRF450Rは、トルクコントロールを搭載、各部を見直したという。

画像1: 20MYのCRF450Rは、トルコン「HSTC」搭載で戦闘力向上

搭載されているトルクコントロールは、HSTC(ホンダ・セレクタブル・トルク・コントロール)。オフロードファンにはアフリカツインに採用されたことで馴染みの深いトルコンだ。CBR1000RRにも採用されており、ホンダがスポーツバイクに順次拡大しているもの。回転数の急激な上昇と、反応をモニタリングし、リアのトラクションを回復させる機構。CRF450Rには、3モード選べるように設定されたとのこと。

画像3: 20MYのCRF450Rは、トルコン「HSTC」搭載で戦闘力向上

3モード選べるマッピングは見直し。マッピングと、トルクコントロールは左スイッチにて切り替える。

画像4: 20MYのCRF450Rは、トルコン「HSTC」搭載で戦闘力向上

バッテリーは、28mm搭載位置を下げて低重心化に寄与。

画像5: 20MYのCRF450Rは、トルコン「HSTC」搭載で戦闘力向上

昨年同様に、ワークスエディションも同時発表。ヨシムラのエキゾースト、SHOWAスペシャルサスなどレースレディな仕様だ。

画像6: 20MYのCRF450Rは、トルコン「HSTC」搭載で戦闘力向上
画像7: 20MYのCRF450Rは、トルコン「HSTC」搭載で戦闘力向上
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.