2018年、通天閣がトライアルで沸いた。2013年の大阪城レッドブルXファイターズ、古くは82年から続いたジャパンスーパークロス…。自分たちの競技を、多くの人に見てもらいたい。純粋な思いが作り上げた都市型競技は、今年開催2年目に入った。

シティ・トライアル・ジャパン
日時/2019年5月18日
会場/万博記念公園

画像: シティ・トライアル・ジャパン 日時/2019年5月18日 会場/万博記念公園

これはショーじゃない。競技だ

オフロードバイクの競技は、人口の多い街中から隔離されて競われるから、なかなか競技の素晴らしさが伝わらないし、だからこそ注目もされづらい。だったら、街中でやればいいじゃないか! そんな発想は、そりゃ思いつくのは簡単だけれども、実行に移すことのいかに大変なことか。

画像: これはショーじゃない。競技だ

トライアルは、ある意味都市型に向いている競技だ。低速でも魅せられるものがあるし、ショーアップもしやすい。これまでも、バイクイベントにトライアルショーを組み合わせたりする例は、数多くあったし、事実盛り上がった。

ただ、ショーは競技と違う。勝利を求めて競い合う姿は「観る」意味を数倍にも膨らまし、その競技への憧れを増幅させる。

紛れもない世界レベルの妙技

トライアルの世界は、黒山家が作り上げた黄金期世代が列強を誇っているものの、近年若い世代が勢いを見せつつある。たとえば、2002年生まれでIASクラス2年目の氏川政哉。多くのトライアルライダーと同じように、幼年時から自転車トライアルに取り組み、2014年には世界チャンピオンに輝いた。2015年からのバイクデビューだから、とんでもないスピードで日本のトライアル界を登っている。

画像1: 紛れもない世界レベルの妙技
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.