ダートフリークで、2019年のセロー250カスタムバイクが制作された。セローと言えば、トライアル方向に振って「トレッキング」性能を高めるモディファイが多いけど、ダートフリークでは「せっかく何にでも使えるマシンなのだから…」とクロスカントリー向けに。一目見ても、何かが違う…と思わせるその外観には秘密が隠されている。

画像1: セロー250をXC化、そのオーラが漂うワケとは…

オーラの源は、アシにあり。

早速種明かしをすると、このセロー足回りがグレードアップしているのだ。

画像3: セロー250をXC化、そのオーラが漂うワケとは…
画像4: セロー250をXC化、そのオーラが漂うワケとは…

現実的に考えて、セローのサスペンションをフルチューンするのは、なかなか骨が折れるモノ。そこでダートフリークが考案したのが2つのライトチューニングである。

画像1: オーラの源は、アシにあり。

1つは、Off1.jpでも紹介したばかりのプリロードアジャスター追加、それにハードスプリングへの換装だ。

画像2: オーラの源は、アシにあり。

そして、リアにはハイリフトのリンクを組み込んだ。

これら2つのモディファイで、通常のセローよりも足長に見えるというワケ。

画像3: オーラの源は、アシにあり。

スタンドは、25mmロングなものに変更している。こちらもダートフリークのZETAブランド。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.