via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)
バイク冒険家・風間深志が村長を務める「地球元気村」が主催するモンゴル植林ツアーも今年で6回目を迎えます。オフロードバイクに乗っているととても実感できるのが、大自然の大切さ。自然なくして私たちはオフロードバイクを楽しむことはできません。

選べるアクティビティプラン

画像1: 選べるアクティビティプラン

果てしない大草原と圧倒的な大自然を自由に走ることができるオフロードツーリングを2日間楽しむことができる「バイクコース」が設定。毎年、ラリーやツーリングが開催され日本からも多くのライダーが訪れているモンゴルの大地を楽しむことができます。

使用するバイクはセロー250など日本でも馴染みのあるもの。総走行距離は200〜300km、初級から中級者向けのコースになっています。

画像2: 選べるアクティビティプラン

バイクではなく「乗馬コース」も選択可能。乗馬天国モンゴルで、2日間の乗馬体験。チンギスハーンの時代へタイムスリップ!

乗馬もバイクもなしの「フリーコース」を選択した場合には、テント型住居「ゲル」を訪問し、遊牧民の伝統的な生活様式を体験することができます。

風間深志氏と一緒に地球を救う

画像: 風間深志氏と一緒に地球を救う

このツアーには村長・風間深志氏が同行します。砂漠化が深刻な問題となっているモンゴルに緑を増やす植林活動を根幹においているわけですね。風間氏と一緒だからこそ、バイクに乗って国際貢献ができる特別なツアーになっています。

風間氏によれば「バイク乗りの皆さんにとって、自然とは、どういう存在でしょうか? 僕にとっては、バイクの魅力は「自然」の魅力と言っても過言ではありません。また、自然があればこその冒険であり、遊びなのです。バイクに乗る時、いつもそこには自然のもたらす厳しくも優しい風があります。自然と対峙する冒険をしてきた僕にとっては、自然は人が一方的に守るものではなく、共に生きていく存在です。 僕が1988年に立ち上げたNPO法人「地球元気村」は、人も地球も共に元気であることを願い、人と自然が上手に調和する社会の在り方を探り、その実践に向けて活動してきました。50年後の子供達が安心して、笑顔で遊べる地球を想い、皆で一緒に活動しませんか? 自然を知る我が同胞、ライダーの皆さんのご参加をお待ちしております!」とのこと。

地球元気村
モンゴル植林&アドベンチャーツアー2019

日程:2019年8月28日(水)〜9月2日(月)
料金:フリーコース¥265,000
   乗馬コース¥275,000
   バイクコース¥299,000
最少催行人数:10名
申し込み:道祖神

スケジュール

日付都市名日程宿泊
8/28(水)成田空港〜ウランバートル移動ホテル
8/29(木)ウランバートル郊外〜チョルート植林活動キャンプ
8/30(金)〜31(土)チョルート周辺バイク・乗馬・文化体験キャンプ
9/1(日)チョルート〜ウランバートル移動・観光・パーティーホテル
9/2(月)ウランバートル〜成田移動
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.