via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

2017年9月に日本に上陸して復活を遂げた、トヨタの名車ハイラックスがマイナーチェンジ。安全性能をアップした。

画像: ハイラックスが、遠征向きにブラッシュアップ

TOYOTA
ハイラックス

Z2GD-FTV
(2.4L)
4WD6 Super ECT¥3,756,240◎
X¥3,321,000
特別仕様車
Z“Black Rally Edition”
2GD-FTV
(2.4L)
4WD6 Super ECT¥3,961,440
画像1: TOYOTA ハイラックス

旧モデルにもついていたプリクラッシュセーフティの検知機能を向上、夜間の歩行者と昼間の自転車運転者にも対応。

画像2: TOYOTA ハイラックス

トランポユースで嬉しいのは、遠征に役立つ機能の向上。レーンディパーチャーアラートには、警報だけでなく逸脱抑制も行うヨーアシスト機能を新たに搭載。

画像3: TOYOTA ハイラックス

適切な車間距離を保ちながら追従走行できるレーダークルーズコントロール(ブレーキ制御付)、道路標識をディスプレイに表示し、見逃し防止をサポートするロードサインアシスト、前方のクルマの発進をお知らせする先行車発進告知機能を追加。

画像4: TOYOTA ハイラックス

また、悪路の走破性の向上に向けてリヤデフロックの設定を拡大し、全車標準装備としている。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.