via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

KXシリーズとともに北米で発表された、KLX300R。その真意はどこにあるのだろうか。

画像: 2020年モデルとして発売したKLX300Rとは何か

KAWASAKI
KLX300R

$5499(北米にて)

画像: 2020 Kawasaki KLX230/KLX230R/KLX300R - Action Video www.youtube.com

2020 Kawasaki KLX230/KLX230R/KLX300R - Action Video

www.youtube.com

このたび、北米において突如KLXシリーズがファミリーとしてリリース。日本でも発売されるKLX230とあわせて、3台のトレールマシンが世の中に出てきた。「R」付きのモデルは、90年代でも同じでストリートリーガルではないマシンにつく称号だ。つまり、KLX300Rは公道を走行しない前提のマシンである。

いわゆるオープンエリアや、自分たちの牧場で遊ぶためのバイクとして、この手のオフロードバイクのマーケットが、まだ北米には存在している。ホンダは、先のマーケットを狙い、細切れになったオープンエリアをつなぐ公道を走れるCRF450Lを開発したが、それはKLX230に任せようというのがカワサキの狙いなのだろうか。ちなみに、やはり大きいマーケットである豪州では、KLX450Rがストリートリーガルとしてラインアップされている。豪州は、いまや世界でもっとも多くのオフロードバイクを許容マーケットとなっていて、欧州のユーロ4を突破できなかったマシンも豪州ならばストリートリーガルとして手に入るのだ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.