画像: 納得のいくわけがない

納得のいくわけがない

画像: 1周目15番手。どうにもスタートが決まらない

近年、実力が拮抗し始めてからというものの、さらにスタートの成否がレースで重要視されつつある。下田の2日目に見せた強さはホンモノだったが、15番手でのたちあがりを許されるほど、ジェット・ローレンスは甘くはない。プロに転向すると、30分+2周を戦うことになるから追い上げ型の下田には有利だが…そもそもプロのオープニングラップからつながる2〜3周目のスパートは、とてつもないスピードだ。

画像: ヤニングは、各周のジェットと下田のタイムを書き出し、何が足りないかを説明する。とにかく、序盤だ。序盤のスピードを上げないことには…

ヤニングは、各周のジェットと下田のタイムを書き出し、何が足りないかを説明する。とにかく、序盤だ。序盤のスピードを上げないことには…

下田も、序盤のスピードが課題であることは重々承知だ。トレーナーのヤニングによれば、最初の3周でジェットに6秒4おいて行かれていると、分析されている。後半は、素晴らしい。序盤は、ダメだとヤニングははっきり下田に見える形で伝える。混戦が苦手なのではない。下田のパッシング能力が非常に高いことは、後半の2番手争いが証明している。序盤でラインを見極められないこと、あるいはスタートの成功確率が、現状の課題なのだ。

ポイント上、ジェットが圧倒的優位。このオープンプロをどうしても1位でフィニッシュしたかった。強大な敵ジェットは着実に1位を重ねていて、下田はこのオープンプロで2位になってしまったことから、自力優勝は難しくなってしまった。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.