ミニモト時代からアメリカに挑戦し続け、近年ではアメリカに拠点を移してモトクロスの途をたどってきた下田丈(17歳)。先週よりお届けしているとおり、最後の全米アマチュア選手権を戦って、1週間後8月11日にAMAプロデビューを果たした。

LUCAS OIL PRO MOTOCROSS CHAMPIONSHIP Rd.10 ユナディララウンド
8月11日
ニューヨーク州ユナディラ

伸び悩んだタイムドプラクティス

画像1: 伸び悩んだタイムドプラクティス

予選ヒートがある全日本モトクロスとは異なり、AMAの場合はタイムドプラクティス、つまりタイムアタック予選が2本おこなわれる。このうち、ベストタイムを採用して上から40名のライダーが決勝を走ることになるわけだ。15分のうち、10分が計測ということでせいぜい4本のチャンス。クリアラップもとりづらく、昨晩の雨がたたって路面も荒れていて、タイムを出すことは容易ではない。

画像2: 伸び悩んだタイムドプラクティス

そんな中でも、ポイントリーダーの証レッドプレートをつけたアダム・シアンサルーロは、目に見えて好タイムをマークする走りを魅せる。我らが下田は、少し走りづらそうな気配だ。

タイムドプラクティス、1本目

1Adam Cianciarulo2:18.399
2Dylan Ferrandis2:18.609
3Chase Sexton2:18.929
4R.J. Hampshire2:19.415
5Colt Nichols2:20.320
6Justin Cooper2:20.591
7Mitchell Oldenburg2:20.593
8Michael Mosiman2:20.943
9Alex Martin2:20.967
10Carson Mumford2:21.325
11Jett Lawrence2:21.325
12Ty Masterpool2:21.845
13Martin Davalos2:22.204
14Jordan Bailey2:22.347
15Jerry Robin2:22.529
16Nick Gaines2:22.650
17Jo Shimoda2:23.563
18Shane McElrath2:23.775
19Brandon Hartranft2:23.848
20Garrett Marchbanks2:24.061

と、見ての通り振るわない結果。おおよそトップから5秒。10、11位にはロレッタリンで争ったカーソン・マムフォード、ジェット・ローレンスの姿もある。下田によればローリングセクションの荒れた部分の処理にてこずり、それだけで3秒はかかったとのこと。なにより、下田の後ろにトップランカーのマケラスや、マーチバンクスがいるのだから結果が荒れているのだろう。それに、下田は路面が荒れれば荒れるほど得意だ。だから、2回目は期待が持てそうだったのだが…

画像: タイムドプラクティス、1本目

タイムドプラクティス、2本目

1Adam Cianciarulo2:14.629
2Justin Cooper2:15.473
3Chase Sexton2:16.198
4R.J. Hampshire2:18.070
5Mitchell Oldenburg2:18.538
6Shane McElrath2:18.585
7Dylan Ferrandis2:18.609
8Michael Mosiman2:18.709
9Colt Nichols2:19.003
10Martin Davalos2:19.054
11Carson Mumford2:19.310
12Brandon Hartranft2:19.497
13Garrett Marchbanks2:19.828
14Jett Lawrence2:19.828
15Alex Martin2:20.437
16Cameron McAdoo2:20.475
17Ty Masterpool2:20.557
18Jordan Bailey2:20.594
19Derek Drake2:21.016
20Jerry Robin2:21.218
21Jo Shimoda2:21.528

2秒つめた下田に対して、トップのアダムは4秒つめ、マケラスら1回目でタイムが出なかった連中も上がる結果に。これはレース後のインタビューでわかったことだが、ロレッタリンで負傷した肩が相当に痛み、ペースを上げることが難しかったとのこと。「コースも難しかったですね」と下田。一抹の不安を抱え、下田丈初のAMA本戦へ駒が進む。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.