難所に強く、ビギナーでもガレをクリアできるため、幅広い人気を獲得している「ガミータイヤ」。この加熱気味のマーケットに新作が登場だ。

スーパーソフトで日高ロックス決勝に挑む

画像: スーパーソフトで日高ロックス決勝に挑む

エンデューロIAであり、そしてG-NETジャパンをとりまとめる栗田武が、日高ロックスで両コンパウンドを実戦テスト。

ロックセクションへの優れた適性

日高ロックス決勝のような、ガレやヒルクライムが続くハードなセクションでは、特にガミータイヤが効く。今回のスーパーソフトをテストするには、最適なフィールドだった。

画像: ロックセクションへの優れた適性

「決勝では大きめの玉石や砂利のヒルクライムを考慮してスーパーソフトを選びました。タブリスを使用し、空気圧は0.25kgf/cm²で運用しました。

乾いた大きな石、濡れた大きな石、小石混じりの砂利、どれに対しても優れたグリップ性がありました。岩への適性は特に優れていて、水で濡れることでグリップが低下することもありませんでしたね。ゼロ発進でも全く困ることはありませんでした。

コンパウンドの柔らかさだけでなく、エアボリュームが多いことでタイヤの接地面積が広くなり、しっかりとしたグリップ感に繋がっているように感じました」

栗田はこのレースを14位で完走した。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.