via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

突如、欧州・北米で発表されたCRF1100Lアフリカツイン。その名の通り、先代のCRF1000Lから100ccレンジをアップしてスペックアップを図った意欲的なモデルと見られる。ホンダの打ち出すイメージフォトは、継続して「デザートマシン」。純正採用されていないブロックタイヤを履いてまで、このマシンが真にダートを走れることを、アピールすることに余念が無い。

さて、大量に投下されたリリースをOff1流に読み解いてみよう。

優れたパッケージの1000Lを洗練

画像1: 優れたパッケージの1000Lを洗練

古くからのファンだけでなく、オフロードファンや、ビッグバイクファンなど様々なライダーをトリコにし、文字通りヒット作となったCRF1000Lアフリカツイン。そのスタイリングはアイコニックな二眼に、CRF450RALLYを彷彿するスタイリッシュなモデリングが煌めいていた。新型の2020モデルでも、このイメージは踏襲されている。

画像2: 優れたパッケージの1000Lを洗練

はっきり言って、まずはシートに萌えたい。旧モデルのツアラー的なフォームから、一気にラリーマシンぽくなった。この形状にしたい…というアフリカツインユーザーが跡を絶たなかったのを思い出す。

画像3: 優れたパッケージの1000Lを洗練
画像4: 優れたパッケージの1000Lを洗練
画像5: 優れたパッケージの1000Lを洗練

セカンドジェネレーションのスタリングに起用されたテーマは「アグレッシブ&コンパクト」だとのことだ。世界のアドベンチャーバイクは、ほとんど有能なツアラーとして使用されるが、アフリカツインはあくまでダートでの積極的な運動性能を考慮されている。

画像6: 優れたパッケージの1000Lを洗練

フロントに荷重しながら、リアを振って向きを変える…そんな時、大きなスクリーンでは邪魔になってしまう…と思ったか、思わずか…。第1世代よりも短いスクリーンを装備しているところに、ホンダの粋を感じないだろうか?

画像7: 優れたパッケージの1000Lを洗練

テールはスリムに設計されており、旧モデル比で40mmシート幅が狭いとのこと。シート高は825-845mmだが、シート幅の狭さから足付き性は良好だと言う。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.