via text - ここをクリックして引用元(テキスト)を入力(省略可) / site.to.link.com - ここをクリックして引用元を入力(省略可)

ダンロップのモトクロスタイヤのうち、ミディアムハードが新世代へ進化。これまでのMX52からソフトな路面までカバーするワイドレンジなタイヤへ。

画像: ダンロップのミディアムハードが、リニューアル。レンジをソフト路面に拡大

DUNLOP
MX53

フロントタイヤはMX52からエッジや、ブロック個数を見直して大幅にパターンを変更。ソフト路側へのワイドレンジ化を達成しているとのこと。また、ブレーキグリップ、直立時の接地感の向上を目指した。

画像1: DUNLOP MX53

リアタイヤはMX52のパターン配置を最適化することでハード路側性能を維持したまま、ソフト路側へのワイドレンジ化を実現。一見非連続に見える微妙なズレ具合は、意匠としても新しいモノと言える。

画像2: DUNLOP MX53

ブロック表面に二段ステップ形状を採用。エッジを増やすことで硬い路面や旋回時のグリップ、加速時のトラクションの向上を意図している。

画像3: DUNLOP MX53

対応範囲イメージ図からすると、MX33の範囲にかなり食い込んでおり、たとえばサンドコースでも30分の長いヒート中に路面が変わってきてしまうような場合、後半につれてさらにタイヤが活きるような作戦を立てられる。

ラインナップ

サイズフロント/リアタイプ
60/100-10 33JフロントWT
60/100-12 36JフロントWT
60/100-14 29MフロントWT
70/100-17 40MフロントWT
70/100-19 42MフロントWT
80/100-21 51MフロントWT
70/100-10 41JリアWT
80/100-12 41MリアWT
90/100-14 49MリアWT
90/100-16 51MリアWT
100/100-18 59MリアWT
110/100-18 64MリアWT
120/90-18 65MリアWT
100/90-19 57MリアWT
110/90-19 62MリアWT
120/80-19 63MリアWT
120/90-19 66MリアWT

モトクロスタイヤの中でも、極めて標準的に使われるタイヤであることから、10インチの小径からラインナップ。また、エンデュランサーの18インチも100〜120まで幅広く選べるサイズが魅力だ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.