昨夜は東京の熱帯夜の中六本木の中心で歴史あるバイクメーカー「インディアン」の2020年モデル、販売体制の発表が行われました。
スノーモービル、SVSなどで有名な「ポラリス」の日本法人「ポラリスジャパン」が設立され、インディアンモーターサイクルが販売されるそう。

画像1: 2020インディアン発表

久々にこうした場に来ると良く知った顔が会場にならび、なんだか懐かしくも嬉しい気持ちになってしまう。
そして僕のバイク熱はまたヒートアップする。

アメリカンの歴史を刻むSCOUT、アメリカのダートトラックレース市場を席巻するFTR、どれも魅力的でした。

画像2: 2020インディアン発表
画像3: 2020インディアン発表

空冷ではなく水冷なのが今のバイクって感じがしますね。でもこの「水冷」のラジエーターの処理の仕方が僕には魅力に見えました。
一見横から見るとフレームにしか見えないし、前から見てもラジエーターらしくなく、上手くマシンと纏まってる。そんな印象でした。

画像4: 2020インディアン発表
画像5: 2020インディアン発表

バイクって触って跨がってるだけで楽しいですね。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.