Off1.jp編集部では年に数回、身内でのオフロード走行会を開催しています。よく行くのは、都心からのアクセスの良さ、キッズや初心者でも楽しく走れて中級者も満足できるコースの多彩さから日野カントリーオフロード。今回はエンデューロにどハマり中のカメラマン井上演が、ミニゲコタを履いて日野の難所「トンネル沢」にリベンジするお話です。
画像1: HIROMU@ろむろむ

HIROMU@ろむろむ

ボクが走れる(自称)スーパーカメラマン、井上です!

いざ、トンネル沢へ

IRCタイヤが2019年はじめにリリースした「ミニゲコタ」ことiX-09w GEKKOTAの16インチ。これまではフルサイズのマシンじゃないと受けることのできなかったガミータイヤの恩恵を、ミニモトでも享受できると話題に。

画像: 2019年1月、トンネル沢

2019年1月、トンネル沢

一年前に初めて走行会に参加し、トンネル沢で「めちゃくちゃ」になったカメラマン井上も、ついにこのミニゲコタを手に入れてリベンジに向かったのでした。

画像2: HIROMU@ろむろむ

HIROMU@ろむろむ

ボクみたいな初心者を、こんなところに連れてくるなんて…
Off1編集部を許さない!

画像: HIROMU@ろむろむ。職業はカメラマン。Off1.jp編集部がある株式会社アニマルハウスのスタジオをシェアしていて、目下オフロードバイクにどハマリ中。ロードレース経験豊富で、整備士の職歴も持つ多才なお方。次に狙うはYZ125X。 https://twitter.com/RomRom_HIROMU

HIROMU@ろむろむ。職業はカメラマン。Off1.jp編集部がある株式会社アニマルハウスのスタジオをシェアしていて、目下オフロードバイクにどハマリ中。ロードレース経験豊富で、整備士の職歴も持つ多才なお方。次に狙うはYZ125X。https://twitter.com/RomRom_HIROMU

日野のトンネル沢入り口にてリベンジを誓います。ちなみにトンネル沢は関東屈指のハードエンデューロレース「HINO HARD ENDURO」でも使用され、2019年春のミドルクラスではここで大渋滞が発生したほどの難所。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.