「オーストラリアは土漠ばかりで、巧くなれる土地ではないんだ。オフロード天国に見えるけどね」10年も前だろうか、日本最大のクロスカントリーレース「AAGP」にゲスト参戦したジョシュ・ストラングから聞いた言葉である。インタビュー現場であった爺ヶ岳…ガレや、涸れ沢、ウッドチップのソフト路面に、グリーン…路面バリエーション豊富なXCの聖地…を、持ち上げようとしたのかもしれないが、ジョシュはオーストラリアを出てアメリカで成功を遂げたのも事実。オーストラリアは、オフロード不毛とまではいかずとも(チャド・リードなどの英雄を生んだ国だ)、そこまで強豪国のイメージは無かった。だが、急成長を遂げて、いまや世界に名だたる国になった。

この連載は、大国オーストラリアで何が起きたのか。強いライダーが多数生まれてくる土壌に何があるのか。その種を少しでも日本へ持ち帰りたい、そんな願いを形にしたものだ。ジェットスターの格安チケットを握りしめながら。

取材後、あまりに執筆に時間がかかっているので、忘れないうちにパイロット版として、オーストラリアのダートバイクシーン・ギャラリーを上げておきたい。

画像: 何歳でも、エンジョイ

何歳でも、エンジョイ

画像1: オーストラリアが強いワケ vol.0「スタイリッシュ・ダートバイクライフ」
画像2: オーストラリアが強いワケ vol.0「スタイリッシュ・ダートバイクライフ」
画像: 英雄、チャドウィック

英雄、チャドウィック

画像3: オーストラリアが強いワケ vol.0「スタイリッシュ・ダートバイクライフ」
画像: 美人HD乗り

美人HD乗り

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.