いよいよ、新アフリカツインCRF1100Lが東京モーターショーでお目見え。ホンダの誇るアドベンチャーバイク第二世代(NXR時代からすれば、もっと長い世代が連綿とつながるのだが…)が、どういう方向性を向いているのか。同車を深掘りすべく、Off1.jpは冒険の旅へ出る。出発点は、東京モーターショーだ。

画像1: 新アフリカツインをめぐる冒険 vol.1 モーターショウで開発者が語る「日本人の望むADVの姿」

CRF1100Lアフリカツインの開発責任者である、森田健二氏に話を伺った。2018年モデルのマイナーチェンジされたCRF1000Lから、同職位に就いている。

明確に二分化された新生アフリカツイン
オフロード VS ロングツアラー

森田氏は、この新アフリカツインの開発コンセプトについて「アフリカツインの『どこまでも行ける』という基本コンセプトは変わっていないのですが、これまでもビッグタンクを装着したアドベンチャースポーツと、スタンダードモデルとグレードを分けていたところ、明確にこの二者を棲み分けしました。

スタンダードは、どちらかというとアグレッシブにオフロードを楽しんでもらうモデル。アドベンチャースポーツは、旅、つまりツーリングに特化したモデルになります」と説明する。

アドベンチャースポーツ

スタンダード

ぱっと見た感じは、旧モデルの棲み分けと似たり寄ったりだが、まずスクリーンがまったく異なることに注目しよう。

画像: 明確に二分化された新生アフリカツイン オフロード VS ロングツアラー

ロングツーリングよりも、オフロードにおける運動性能や、視界の広さに着目。ショートスクリーンに変更し、思い切ったスポーツ性への舵を切った、スタンダードモデル。

画像: スクリーンを上げた状態

スクリーンを上げた状態

画像: スクリーンを下げた状態

スクリーンを下げた状態

対して、アドベンチャースポーツは、可変ロングスクリーンを搭載。どちらかといえば、CRF1000Lに多かったのではないかとおもわれる「ロングツーリング」性能を、担った仕様だ。スクリーンは、上下で角度も変わり、高さ以上の風防性能の違いが生まれそうだ。

画像: スタンダードには、ロングタイプのオプションも用意される

スタンダードには、ロングタイプのオプションも用意される

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.