レースパドックでピックアップトラックを見かける比率は、バンに比べれば低いものの珍しくはない。しかし、いすゞのピックアップとなればどうだろうか。今年8年ぶりにフルモデルチェンジを果たした「D-MAX」をご紹介。

いすゞ
D-MAX

画像: D-MAX V-Cross(Crew Cab)

D-MAX V-Cross(Crew Cab)

ラインナップ:Regular Cab(シングルキャブ)、Space Cab(エクステンドキャブ)、Crew Cab(ダブルキャブ)(4×4)

項目Crew Cab Hi-Ride 4×2
全長(mm)リヤバンパー込5,265
全幅(mm)1,870
全高(mm)1,790
ホイールベース(mm)3,125
トレッド(前/後)(mm)1,570
最小回転半径(m)6.1
タイヤ265/60R18
排気量(cc)2,999
出力(kW/rpm)140/3,600
トルク(Nm/rpm)450/1,600-2,600
トランスミッションMVL 6MT
空車重量(kg)1,890
CO2排出量(g)181
タイ向けCrew Cab Hi-Ride 4×2 MT 車型

D-MAXはいすゞがタイをはじめとする海外向けに展開するピックアップトラックで、最大積載量は1トン。タイ国内では、2019年度モストポピュラーピックアップ、最優秀省燃費ピックアップ、ベストライフピックアップを受賞している。今回のフルモデルチェンジでは、排気量3.0リットルの改良エンジンや一新した内外装のほか、サスペンション、ブレーキ、ステアリングなど各所がアップデート。特にプレデターを思わせるような猛々しいフロントデザインは、注目を集められること請け合い。電装品には、キーレスエントリーやオートライト、パークディスタンスコントロールなどが充実している。

いすゞは、2002年に日本国内の乗用車販売から完全に撤退し、今回も国内販売の報は残念ながら無い。D-MAXはその切り替わり時から発売された車種だが、トヨタ ハイラックスのように復活した例を見ると、国内市販化の夢を見ずにはいられない。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.