ロシア極東地域の島、サハリンは日本にもっとも近い外国のひとつだ。北海道の最北端、宗谷岬からわずか40km、天気の良い日には対岸を見通せるほどの距離。そこではこんなエンデューロが行われている。

画像: No Place To Run 2019 Эндуро Extreme Enduro Rally www.youtube.com

No Place To Run 2019 Эндуро Extreme Enduro Rally

www.youtube.com

樺太の山岳コース

3日間のハードエンデューロラリーに、今年は80名のライダーが集まった。ハバロフスク、ウラジオストック、そして地元サハリンを中心にロシア全土から、そして韓国からもトップライダーが参加。1日目は障害物を設置したコースでの予選プロローグ。それでスタート順を決定し、2日目と3日目は、州都ユジノサハリンスクを基点にした約100kmの険しい山岳コースを走る。ハンディGPSにあらかじめ入力されたルートをトレースして走るルールは、Red Bullルーマニアクスとほぼ同じだ。

画像: 2015年はoff1.jpスタッフの稲垣も取材に同行。コース中で巨大なヒグマに遭遇したり…

2015年はoff1.jpスタッフの稲垣も取材に同行。コース中で巨大なヒグマに遭遇したり…

過去には日本からも

実はこのレース、2015年に、日本から4名のライダーが参加している。G-NET全日本ハードエンデューロ選手権が推薦した、山本礼人、中野誠也、後藤英樹の3名がプロクラスにエントリーして完走。

筆者、春木もホビークラスにエントリーして、最終日、ゴールの数キロ手前で時間切れになりエスケープルートでフィニッシュゲートたどり着くというレースだった。完走率は25%ほど。当時は、稚内~サハリンの定期便フェリー(バイク・クルマが積載できる)があり、手軽に自分のマシンを持ち込んで参加することができたのだ。残念ながら現在は車両を積載できるフェリーが運航していない。

画像: ハルキもホビークラスに参加し、初のハードエンデューロ体験。マジでキツかった。写真すべて稲垣正倫

ハルキもホビークラスに参加し、初のハードエンデューロ体験。マジでキツかった。写真すべて稲垣正倫

画像: 当時19歳だった山本礼人

当時19歳だった山本礼人

ビデオ作者

この素敵なムービーを製作したのは、ライダーであり、映像クリエイターでもあるスヴェトラーナさん。彼女の素顔は、下のムービーでも!

画像: Girl enduro on the mountains www.youtube.com

Girl enduro on the mountains

www.youtube.com
コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.