東京モーターショーで次世代コンセプトモデル「YPJ-YZ」を発表したばかりの、ヤマハのスポーツ電動アシスト自転車「YPJ」シリーズがマイナーチェンジ。ずいぶん変わったな! と思えるスマートな外見…カラーリングの妙と言うべきか。※まどろっこしくてスミマセン…要は新色登場のお知らせです

YAMAHA
YPJ-XC

画像1: YAMAHA YPJ-XC
画像2: YAMAHA YPJ-XC

価格:¥350,000(税抜)

マットブラックをベースとした車体カラーにブルーの差し色とシルバーのグラフィックを施し、スポーティなイメージを強調。

YPJ-XCは、E-MTBに特化して開発したドライブユニット「PW-X」を搭載し、MTBフィールドを縦横無尽に駆け抜けるポテンシャルを持つ本格E-MTB。パワフルかつ滑らかで、乗り手の動きに素早く反応するハイレスポンスなアシストフィーリングや、E-MTBとしての走りを最大限に楽しめる高い走行性能を実現している。

バイクと違って、超軽量なため体を使ってトラクションを操作したときのレスポンスは、まったくの別物。逆に言えば、トラクションのかけ方を身をもって知ることができ、オフロードバイクのオフトレーニングに有効だと言われるのもうなづける。

YAMAHA
YPJ-EC

画像: アクアシアン

アクアシアン

画像: ディープフォレスト

ディープフォレスト

画像: YAMAHA YPJ-EC

価格:¥260,000(税抜)

爽やかなイメージのシアンにホワイトのグラフィックを組み合わせた「アクアシアン」と、深みのあるグリーンにブラックの「ディープフォレスト」の2色展開。
YPJ-ECは、電動アシストフラットバーロードバイク。大容量バッテリーや「PWseries SE」ドライブユニットを搭載し、フラットバーハンドルの親しみやすさ、快適さを重視したモデル。リヤキャリヤやフェンダーなどのアクセサリーも装着可能で、通勤からロングツーリングまで対応できる。

YAMAHA
YPJ-TC

画像: マットダークブルー

マットダークブルー

画像: ダークメタリックレッド

ダークメタリックレッド

画像: YAMAHA YPJ-TC

価格:¥300,000(税抜)

トップチューブとリムのグラフィックにアクセントカラーを施した「マットダークブルー」「ダークメタリックレッド」の2色をラインナップ。

YPJ-TCは、通勤からツーリングまでカバーするトレッキングバイク。フラットバーハンドルとアップライトなポジションによる親しみやすさに加え、フロントサスペンションやテールランプ付きリヤキャリヤ、フェンダー、サイドスタンドなどを装備した、快適性と実用性が魅力。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.