‪昨日今日のやすらぎの刻の総集編を見て‬

‪泣いた…‬
‪沢山の思いが詰まった作品で、根来家の、あの時代を生きた人達の思いがぎっしりつまったストーリー。‬
‪物語ではあるけれど、僕ら兄弟は必死にあの時代を生きた。‬
‪それぞれの思いを胸に、必死に生きた。‬
貧しくとも、何がなくとも、必死に、あの時を生きた。

‪今帰りたい場所は何処かと聞かれたら、間違いなく、小野ヶ沢と答える。‬

貧乏でも、不自由でも、家族、兄弟が居て、仲間がいて、大好きな人がいる。
そんなあの場所へ帰りたいと言う。

‪あなたの帰りたい場所は何処ですか?‬

僕は、、‪兄ちゃん達の所に帰りたいです。‬

‪僕と同じ思いは、誰にもしてほしくありません。‬

誰も傷つけ合うことのない、平和な未来へ。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.