前橋孝洋、釘村忠、渡辺学、馬場大貴の4名で結成された、日本のエンデューロ史上最強とも言えるワールドトロフィーチームは、ついに開会2日前までこぎつけた。早いライダーは、11月2日からポルトガルへ旅立ち、コースの下見などの準備を進めてきた。徒歩でおこなう下見は、なんと数日に分けて80km以上に及んだ。

画像2: ISDEポルトガル、いよいよ2日前へ迫る

11月8日には、決められたスケジュールで受付車検を完了。音量測定に不安を抱えていたもの、メカニックの平田雅宏や池田忠夫の尽力によって余裕を持って通過している。

画像3: ISDEポルトガル、いよいよ2日前へ迫る
コンディションの調整に余念が無い渡辺学。食べ物やサプリメントなどにも最大限の気を遣う。時間があれば、どこでもストレッチをはじめ、決戦の日を待ち受ける。

画像4: ISDEポルトガル、いよいよ2日前へ迫る
2019年のワールドトロフィーチームは、アートブランドCALMAがエクステリアをデザイン。

ISDEチームジャパンのWEBサイトで
連日レポート&ムービーが配信

ワールドトロフィーの公式ページでは、開催期間中ディープなレポートを展開。4名のインタビューはもちろんのこと、一目でわかる順位や状況を提供。

また、Facebookページは、期間中に随時ライブ配信。複数名の多元中継で、ISDEチームジャパンの近況をリアルタイムで知ることができる。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.