今年で5回目となるスズキのVストロームミーティング。例年大勢のVストロームオーナーで賑わうイベントだが、今年の目玉はなんといっても先日ミラノショーでお披露目されたばかりのV-STROM1050 / XT。ジャパンプレミアム公開と合わせて、開発陣に話を伺うことができた。

日本初公開!V-STROM1050 / XT

画像: V-STROM1050 XT

V-STROM1050 XT

まず一番に気になるのは、やはり「DR-BIG」を思わせるデザイン。担当したのは二輪企画部デザイングループの宮田さん。なんとDR-BIGをはじめファクトリーマシンのDR-Z、DR250、350、650、最近ではRM-Zシリーズもデザインした、いわばスズキのオフロードモデルの顔ともいう人。アドベンチャーバイクの象徴ともいえる「クチバシ」デザインは、1980年代に宮田さんが「オフロードバイクならではのエアロフォルムがあってもいい」と考案したものだ。

画像: 宮田さん

宮田さん

曰く、「本人がデザインしてるんだからDRに見えないわけがないじゃないか」。デザインするにあたって「前傾するスラントノーズラインとタンクとカウリングのライン。斜めに走っているそのラインをキープしたまま、さらに進化してアグレッシブで力強いものにしました」とのこと。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.