去年から始まった世界的なハードエンデューロ選手権、WESSことWorld Enduro Super Seriesの最終戦が終了し今年のチャンピオンが決定した。

気鋭の新チャンピオンは、エンデューロ一家の新世代へ渡る

画像1: © Future7Media

© Future7Media

チャンピオンの栄冠に輝いたのはKTMのマニュエル・リッテンビヒラー。最終戦ゲッツェンロデオと第5戦ルーマニアクスで優勝し、6110ポイントで優勝を勝ち取った。特に第5戦で優勝した後はポイントリーダーとして首位を走り続けた。ハードエンデューロ界のトップアスリート、アンドレアス・リッテンビヒラーの息子で、今のトップ陣からも可愛がられているハードエンデューロ界きっての秘蔵っ子。「マニー」の愛称で呼べば、いつでもはにかんでくれる。

Off1編集部では、直接このマニーにインタビュー。独占記事をお届けしよう。

「最高のシーズン」

屈託のない笑顔は、WESS界きっての色男。与えられたインタビュー時間はどんなメディアにも不足する。なぜなら、マニーが機関銃のように話しまくるからだ。おそらく、多くの人はマニーと話したら、すぐにファンになってしまうに違いない。この視線を集めるマニーの人徳の強さは、世界のエンデューロを変える力すら持っているのでは無いか…そんなことすら感じさせる。

「今年は本当にいいシーズンだったと思う。シーズン中も、順調だった。いい風は吹いているなとは感じていたんだよ。最初のレースでポディウムに立ってから、そのコンディションをずっと維持する様に努めてきたんだ。8レースのうち6レースでポディウムに乘れたし、内容は史上最高にいい出来だった。

エルズベルグに来てたって? メディアは大変だったでしょう? 番狂わせだったからね、メディアは朝のレースが始まる2時間前にはファイナリストの記事を作ってないと行けないから、かなりギリギリで変更を余儀なくされたと思う。僕は本当に結果に満足しているよ。自分でもよく乗れてたと思うし、レースジャージも最高だったし、音楽も良かったし、2万人の観客でレース場が狭く見えるぐらいだったし、もう大会の空気そのものがクレイジーで勝つには最高の舞台だった。ジャービスにパスされた時は、彼のライディングに脱帽したよ。来年こそエルズベルグでは勝ちたい。もっと難しくなるだろうけどね」とマニーは言う。

コメントを読む・書く

This article is a sponsored article by
''.